Powered By 我RSS Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【しってた速報】日本の“右傾化”非難は中韓のみ 「アジア諸国が反発」の虚構

1:2013/08/11(日) 15:12:14.26 ID:
 日本の安全保障や歴史問題を考えるときのアジアという概念を根本から変える時期がきたようだ。

 日本の首相が憲法改正を唱える。政治家が靖国神社を参拝する。慰安婦問題の虚構を指摘する。
と、反対派からは「アジア諸国が反発する」とされるのが年来のパターンだった。「日本はアジアで孤立する」
という断定も多かった。

 だが実際にはその種の言動に文句をぶつけてくる国は中国と韓国だけなのである。無法の北朝鮮は
近代国家の要件に欠けるからこの際、除外しよう。その他のアジアのどの国も地域も、政府レベルで
日本の防衛増強や歴史認識を非難する事例は皆無なのである。

 この現実は安倍晋三首相の7月下旬の3度目の東南アジア訪問でも立証された。わが日本がアジアでは
ほぼすべての諸国に好かれ、頼りにされているという現実だった。日本が改憲を求めても、閣僚が靖国神社に
参拝しても、なにも文句をつけず、むしろ、より強い日本との協力を深めようというアジア諸国が
大多数なのだ。

 安倍首相は今回、マレーシア、シンガポール、フィリピンを歴訪した。フィリピンとシンガポールには
日本の改憲や集団的自衛権の解禁の意図を伝え、理解を得た。マレーシアとも防衛協力で合意した。
中国の脅威への連帯と日本への信頼が明確にされたのだ。

>>2
に続く

ソース   msn産経ニュース 2013年8月11日
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130811/amr13081103060001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130811/amr13081103060001-n2.htm

続きを読む »

2013/08/17 13:48 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【民主党】大畠幹事長が豪雨被害の視察。夏休みに入りゴルフを楽しんだ安倍首相を批判「笑顔でゴルフに興ずる首相の神経は理解できない」

1:2013/08/11(日) 17:07:03.23 ID:
 民主党の大畠章宏幹事長は11日、豪雨被害の視察に訪れた盛岡市で、10日にゴルフを楽しんだ
安倍晋三首相を批判した。

 「大規模水害で犠牲者が出ている中、笑顔でゴルフに興ずる首相の神経は全く理解できない」と指摘。
首相が約10日間の夏休みに入っていることにも「被災された人々は休みどころでない。首相も国民と共にあってほしい」と
記者団に述べた。

 東北北部は9日、豪雨に襲われた。大畠氏は視察で、設備が土砂に埋まるなどして多くの旅館が
営業停止に追い込まれた盛岡市内の温泉街や、床上浸水の被害が多数出た岩手県矢巾町を訪れた。

 岩手県庁では達増拓也知事と会談。達増氏が河川や道路の早期復旧が必要だと強調したのに対し、
政府に激甚災害への指定や被災者支援を求める考えを伝えた。

ソース:http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20130811-1171775.html

続きを読む »

2013/08/11 18:38 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【ざまぁぁぁぁぁ】民主惨敗、結党以来最低に 執行部責任論も[13/07/21]

1:2013/07/21(日) 20:10:54.70 ID:
○民主惨敗、結党以来最低に 執行部責任論も

21日投開票の参院選で民主党は改選44議席の半減以下となり、
結党以来最低の獲得議席となる見通しだ。敗北を織り込んでいた
民主党内では、海江田万里代表、細野豪志幹事長らは「続投で
かまわない」との声が強かったが、想定以上の惨敗が濃厚と
なってきたことに、責任論が出てくる可能性がある。「政権交代
可能な二大政党の一翼を担う」を旗印に1996年に結党、98年に
参院選へ初めて挑戦した民主党は正念場を迎えた。

□ソース:日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2101C_R20C13A7000000/

続きを読む »

2013/07/21 21:29 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【東洋経済】ムーギー・キム(金武貴)「参院選で日本は極端な歴史教育・再軍備の後遺症に苦しむ事に。石原氏は隣国への批判をやめろ」[07/21]

1:2013/07/21(日) 11:06:05.48 ID:
グローバルエリートが参院選を分析してみた

まず何も維新できなかった “維新の会”だが、国民の期待を一身に受けたのにこの体たらくに陥った橋下氏の責任は重い。
従軍慰安婦をめぐる恥知らずな発言を、メディアの誤報だと強弁する様は政治のリーダーに必要な誠実さや正直さの点でも大きな傷がついた。
また共同党首・石原氏と長続きしないのは目にみえており、選挙後分裂するのが容易に想像できる政党に誰が真面目な票を入れるだろうか。
橋下氏は石原氏と同じく攻撃力と発信力はあるが、石原氏と同じく成熟さと信頼性に乏しい印象を与えている。

なお石原氏に至ってはもはや冗談であり、まともな投票者は相手にしていないと思うが、
これ以上維新の会や国、有権者に迷惑をかけるのをおやめになられてはいかがか。

おそらく今日もどこかで元気に“横田めぐみさんは北朝鮮のえらいさんの妾になっている”“中国人には犯罪者のDNAが流れている”
などのフィクション作家ならではの虚言で、隣国への憎しみをあおる憎悪ポリティクスを展開しているのだろうが、
どれだけアントニオ猪木氏の人気を借りても、石原氏に国政のチャンピオンベルトはやってこない。

一連の極右民族主義的な言動で社会の右傾化の先鋒を担ぎ、オリンピック招致の足をひっぱるだけひっぱったと思うのだが、
トルコが今回勝手にこけたので棚ボタ式に東京にオリンピックがくるのが確実な情勢である。間違っても自身の功績などとお考えにならず、
ご自身の諸々の痛々しい妄言の数々(ちなみに後継の猪瀬氏も“イスラムは争いごとばかりしている”発言で、同様なのは周知通り)で、
ご自身はオリンピック招致活動の大きな弊害だったのだと、お気づきになられた方がよろしいだろう。

今後オリンピックが来れば世界が東京に注目するようになるので、東京や日本が国際的な恥をかかないよう、
早急に引退して口を閉じることがご自身に出来る最大の国家貢献なのだと、助言さしあげたい。
(中略)
ここにきて重要性を増しているのが公明党だ。というのも参院選では自公が大勝する見込みだが、
これはあくまで“政権担当能力がある”という原始的な点と、“金融緩和と財政拡大を続けて欲しい”という政策一貫性への要求であり、
安倍氏がどさくさに紛れて進めたくて進めたくて仕方のない、“不健全な悲願”である歴史の修正や再軍備を含めた改憲の強行への支持ではない。

そこで“ほかに政党がない、と投げやりに自民ばかり入れる代わりに、同じ連立政権の公明党の比率を上げることも一考であろう。
公明党は自民と連立を続けるので経済政策は現状の延長であるが、自民党にとって公明党がなくてはならないほど大きければ、
安倍氏の歴史認識の修正主義に慎重な公明党を無視できない。これらの点で安倍氏の暴走に歯止めをかけつつ、
経済政策はこれまで通り運営できる可能性がある。どうせ自公を勝たせるなら、公明党のバランスを高めるのも賢い選択の一つかもしれない。
(といっても自民の大勝を牽制できるほど、立候補者がいないとのつっこみが聞こえてきそうだが。)

今回の選挙は実質野党不在の選挙なので、大勝する自民へのけん制を連立政権を担っているパートナーの公明党に求めざるを得ない、
という異例の展開になっているといえよう。

(続く)

http://toyokeizai.net/articles/-/15882?page=2
http://toyokeizai.net/articles/-/15882?page=4

続きを読む »

2013/07/21 17:43 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【社会】逮捕された少女の1人は生活保護を受給していた-広島女性遺棄

1:2013/07/21(日) 13:42:46.90 ID:
 広島県呉市の灰ケ峰(はいがみね)の山中に若い女性の遺体が遺棄された事件で、死体遺棄容疑で逮捕された7人のうち、
広島市中区の少女(16)が生活保護費を受給していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。
親のネグレクト(育児放棄)が原因とみられるため、単身世帯として直接、受け取っていた。逮捕された未成年者6人の中には、
少女以外にも児童虐待を受けていた者がいるとみられ、県警捜査本部は過酷な生活環境が事件の遠因になった可能性があるとみて調べている。
【黄在龍、石川裕士、吉村周平、中里顕】

 ◇車から血液反応
 また、7人が被害者を山中に運んだ車の床から大量の血液反応が出たことも判明。捜査本部は、車内での暴行を裏付けるものとみている。

 生活保護の受給基準は年齢制限がなく、未成年者の単身世帯でも要件を満たせば生活保護費を受給できる。

 福祉や捜査の関係者によると、少女は今年に入り、月額約10万円の生活保護費を受給。
周囲に「親からネグレクトされていた」と打ち明けていたという。

 少女は一時、鳥取県内の施設に保護されたこともあったが、その後は友人宅を転々として、今年4月中旬、
広島市中区の6階建てマンションに入居した。部屋は6畳の洋室とキッチンなどがついた1Kタイプ。
家賃は生活保護の中の住宅扶助費上限である月額4万2000円(広島市の場合)だった。

マンションには交際相手の少年(16)=鳥取県米子市=ら今回の事件で逮捕された者が複数、
出入りしていた。事実上、未成年者だけで共同生活を送っていたという。

ソース 毎日新聞 
http://mainichi.jp/area/news/20130720ddn041040013000c.html
(続)

続きを読む »

2013/07/21 16:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    現場仕事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。